歯垢ケア

どんな離乳食がある?

人間の赤ちゃんと同じように、猫の赤ちゃんも母乳やミルクで育ち、乳離れをすれば離乳食を与えることになります。
ここではキャットフードの離乳食にはどのようなものがあるかなど、離乳食について詳しく紹介しています。

人間と猫の違いは、人間に比べて猫は大人になるまでの時間がとても短いところです。
猫は産まれてから1年で成猫となり、この時期にはすでに離乳食は卒業しています。
子猫に離乳食を与える時期は、生後4週間程度とされていますが、成長の度合いは猫によってかなり異なるので、離乳食を与える時期としては歯が生えはじめていることと、自分で排尿や排便ができることを目安にしましょう。

離乳食を与える期間は、おおよそ生後2ヶ月までで、その頃には子猫用のキャットフードに完全移行させましょう。
離乳食には猫用の離乳ペーストを選びましょう。
一般的な猫の餌の回数は2回と言われていますが、この時期は1日4回~5回分けて離乳食を与えてあげましょう。

離乳食の与え方は、最初は猫用のミルクに離乳ペーストを混ぜて、徐々にミルクの量を減らしていきましょう。
はじめのうちは人間の人差し指にペースト状にしたものをつけ、子猫ちゃんの鼻につけて舐めさせてあげましょう。
子猫ははじめのうちは一気にご飯を食べることができなので、人間がきちんとフォローしてあげなければいけません。

ここから大人になるまでは、栄養のバランスをきちんと考えながら十分な栄養分を摂取させてあげることが大事で、そうすることで大人になっても病気をしにくい丈夫な体をつくれると言われています。
ここから徐々にドライフードやウェットフードに移行していき、最終的には子猫用のペットフードから成猫用のペットフードに切り替えましょう。

離乳食から子猫用のドライフードに切り替える時には、お湯でふかしたキャットフードにミルクと離乳ペーストを混ぜて、徐々にドライフードに移行させてあげましょう。

このように、子猫ちゃんの離乳食は専用の離乳ペーストが販売されているのでそれを利用しましょう。その後は成長期用のキャットフード、成猫用のキャットフードと成長と時期を見て移行して下さい。