歯垢ケア

キャットフードと毛並みの関係

最近では猫を飼う人が増えていますが、毎日猫と暮らしていれば、猫の毛並みが体調や食事などで変わるのに気がつく人も多いでしょう。
ここではキャットフードと毛並みの関係について詳しく探っていきます。

私たち人間の肌も食べ物や環境によって大きく作用されるように、猫の毛並みも餌であるキャットフードに影響されます。
実は猫は人間みたいに汗をかきません。
汗の代わりに脂を分泌しているため、ブラッシングをしてあげれば毛には艶が生まれます。
しかしこれだけでは本当に毛並みを良くすることはできません。

大事な猫ちゃんの体調を管理する意味でも毛並みをきちんとチェックしてあげましょう。
そうすることで病気の早期発見に繋がる可能性が高くなります。
最近どんどん毛並みが悪くなってきていると感じたら、早めに病院で診察を受けさせましょう。
栄養不足や何かの疾患があるかもしれません。

もちろん人間と同様に、老化が原因で毛並みが悪くなる場合もあります。
しかしその場合は多価不飽和脂肪酸を意識的に摂取させてあげることにより、ある程度は毛並みを良くすることができます。
この成分は大豆油やひまわり油などにたくさん含まれているので、キャットフードなどに適量混ぜてあげればいいでしょう。

毛並みに直接影響を与える成分は、ビタミンAやたんぱく質やアラキドン酸です。
キャットフードには皮膚や毛並みを良くするための専用商品も販売されているので、そのようなモノには毛並みや毛艶を良くする成分が豊富に配合されています。
すでに病気にかかっている場合は、そのような餌を与えても毛並みが改善されない可能性が高いのですが、多少体調を崩しているだけなら十分な効果を期待できます。
もちろん専用の療養食キャットフードを与えても毛並みが全然改善しない場合は、すぐに病院で診てもらいましょう。

このように、猫の毛並みは体調や病気に大きく関係しているので、急に毛並みが悪くなったと感じたら早めに病院で診てもらいましょう。
老化が原因で毛並みや毛艶が悪くなることもあります。