歯垢ケア

カリカリのキャットフードには水が必要な理由

ペットブームの中、犬と共に多くの家庭が猫を飼うようになりました。
はじめて猫を飼う人は、餌に何をあげていいか分からない人も多いでしょう。
多くはカリカリと呼ばれるドライフードを猫に与えていますが、ここではカリカリに水が必要な理由について探っていきます。

フードには、大きくわけてドライキャットフードとウェットキャットフードがあります。
カリカリと呼ばれるドライフードは、その名の通りにかじるとカリカリ音がするもので、長期保存が効く商品が多く手間がかからないこともあって、ほとんどの家庭ではドライフードを猫ちゃんの餌をして選んでいます。
これに対してウェットフードは、缶詰などになっている水分があり湿ったタイプのキャットフードで、素材そのものの味が楽しめることで、ウェットフードを好む猫ちゃんが多いのも事実です。

猫に餌を与える時には、一緒に新鮮な水を与える必要がありますが、その理由の1つは水分がないと食欲が減退するケースが多いからです。
猫は餌を食べている途中でリセットする意味で水を飲みますが、それができないと気持ちが悪くなって餌を食べなくなる猫もいます。

しかし猫の場合はもともと水分だけを上手く摂取するのが苦手で、特にドライフードの場合は乾いているため、食べている途中で口の中がパサパサ状態となり、そのせいで喉に餌がひっかかり傷ついてしまうこともあります。
また水分をきちんと摂取できないと、便が硬くなり便秘になる可能性も高くなります。
さらに夏場は脱水症状を引き起こしてしまうこともあります。

ウェットフードであれば餌自体に水分が含まれているため、水分不足もある程度解消されますが、ドライフードの場合は完全に水分がないので、場合によってはカリカリにウェットフードを混ぜて与えるなどの対策を取りましょう。

このように、キャットフードと一緒に水も与えなければいけませんが、もともと水を飲むことが苦手な猫の体調も考えて、上手に水を補給できない場合は、水分の多いウェットフードを与えることをおすすめします。