歯垢ケア

歯垢ケア用キャットフード

基本的には、猫は虫歯にならない動物です。
ペットとして飼われている猫ちゃんには人間がいろいろなデンタルケアをしてくれる可能性がありますが、野生の猫にはそのようなことをしてくれる人はいません。
ここでは歯垢ケアなどができるキャットフードを紹介します。

猫は虫歯にならないと言いましたが、歯周病になる猫はたくさんいます。
歯の病気にならないためには、飼い主が歯磨きをしてあげるのが一番ですが、人間とは違い猫に歯磨きしてあげるのは非常に難しいとされています。
そこで考えられたのが、デンタルケアのできるキャットフードです。
キャットフードには、水分があって柔らかいタイプのウェットフードと、カリカリと呼ばれる硬いタイプのドライフードがありますが、特にウェットタイプの柔らかい餌ばかりあげていると、歯に歯垢や歯石がつきやすくなって、歯周病などの歯の病気になりやすくなります。

歯垢や歯石が付くのは、与えるキャットフードによってかなりの差が出ますが、おすすめなのはデンタルケアができる専用商品です。
実は歯磨きまでいかなくても、猫の場合は歯の内側には歯垢や歯石が付かないという特徴があるため、濡らしたティッシュペーパーなどで歯の表面を擦るだけで猫には十分なデンタルケア効果があります。
定期的にきちんとケアしている飼い主さんも多いことは事実ですが、それでもその作業を嫌がる猫も多いのが現実です。

デンタルケア用であれば、噛むだけで歯の表面を擦ることになり、歯垢や歯石を付けにくくします。
デンタルケア用のキャットフードを与える時の注意点としては、この手の商品は継続して与え続けることで効果が出るため、たまに与えるのではなく、ある程度の期間は続けて与えるよう気を付けて下さい。
値段は一般的なキャットフードよりは高額なので、食間のおやつなどで与えることをおすすめします。

このように、猫は虫歯にはなりにくいことが分かっていますが、歯周病などの歯の病気にはなりやすいことが分かっています。
今では歯磨きしなくても、食べるだけでデンタルケアができるキャットフードがいろいろ販売されています。