歯垢ケア

猫が体調不良の時に向いているキャットフード

いつも食べているキャットフードを突然食べなくなると体調が悪いのでは、と心配になりますよね。
ここでは猫が体調不良の時に向いているキャットフードについていろいろ紹介していきます。

はじめて猫を飼う人は、餌を食べなくなると本当に心配だと思います。
その場合は体調が悪かったり病気の可能性がありますが、実は猫はかなりの美食家であり気まぐれな動物で、気分によって餌を食べないこともあります。
またどんな高級キャットフードでも、気に入らなければ口にしてくれません。
したがって、これも猫の習性だということを理解しておきましょう。

しかし、本当に体調が悪くて餌を食べられないこともあります。
別の餌を与えても全く口をつけない場合は、病気を疑って早めに病院で診てもらいましょう。
また毎日同じ餌ばかり与えていると食べ物に飽きてしまうこともあります。
キャットフードには主にドライフードとウェットフードがあるので、餌を食べない時には違いタイプのモノやそれらを混ぜたモノを与えることもおすすめです。
多少体調が悪いくらいなら、餌を変えることで食べてくれます。

普段から両方のタイプを与えることもおすすめで、急に餌を食べなくなった時の対策として、普段から何種類かのキャットフードを与えておくこともおすすめです。
そうすると本当に体調が悪い時の判別がしやくすくなり、病気の早期発見にも役立ちます。
数種類の餌全てに全く口をつけない場合は、すぐに病院に連れて行きましょう。

他にも餌を食べない時には、おやつを与えて様子を見るのも良い方法です。
ただし食事の直前におやつを与えると、食事自体を食べなくなってしまうので注意が必要です。
また、ふりかけなど餌にトッピングをすることで食欲が出ることもあるので、いろいろな方法を試して下さい。

本当に病気になった場合は、今ではペーストタイプや液体タイプなど専用のキャットフードがいろいろ販売されているので、獣医さんの指示にしたがって適切な食事を与えて下さい。

このように、猫というのは気まぐれな動物で、餌を急に食べなくなることもあります。そのことも十分に理解して餌を食べない時にはいろいろな方法を試して、1日中何も食べない場合はすぐに病院で診てもらいましょう。