歯垢ケア

キャットフードとビタミンA

キャットフードにはいろいろな栄養素が配合されていますが、もちろんそこに含まれている栄養素は猫の成長に欠かせない成分です。
ビタミンは私たち人間の健康や美容に欠かせない栄養素ですが、猫の健康維持のためにも必要不可欠なモノです。
ここではキャットフードに含まれるビタミンAの働きについて詳しく探っていきます。

猫に対するビタミンAは、皮膚や粘膜や目や骨などに大きく関係しています。
中でも粘膜形成を正常化することにより、感染症の予防に効果を発揮します。
脂溶性であるビタミンAは、油で炒めることにより吸収が良くなるので、特に手作りの食材を猫ちゃんに与える時には油で炒めることをおすすめします。

粘膜に大きく関係しているということで、ビタミンAが不足すれば当然粘膜は弱くなり、感染症にかかりやすくなる他にも、目に障害が起こりやすくなります。
しかし必要以上に与えると、嘔吐などを引き起こすこともあるので、くれぐれも過剰摂取には気を付けましょう。

ビタミンAは、鶏肉に多く含まれ、鶏の他にも豚や牛のレバー、うなぎや穴子や卵などにも多く含まれています。
キャットフードを選ぶ時には、主原料とビタミンAの表記を確認して下さい。

ビタミンAは、紹介した食材からも分かる通り、動物性の食品だけに含まれる成分です。
ただしニンジンやカボチャなどの緑黄色野菜にはカロテンが含まれていて、これが体内に入ることでビタミンAに変換されますが、猫に限ってはカロテンをビタミンAに変換できないことが分かっています。
人間や犬はきちんと返還できるので、当然猫にもニンジンやカボチャはいいと思って与える人も多いようですが、ビタミンAを与える目的では効果がないので理解しておきましょう。

このように、猫にとってビタミンAはとても重要な栄養素で、主に粘膜に大きく関係しています。
ビタミンAが不足すれば感染症にかかりやすくなるなど、健康に害を及ぼす可能性があるので、過剰摂取には気をつけて、意識的に摂取させてあげましょう。
オーガニックキャットフードも人気ですが、きちんと栄養が摂れているのか確認してみましょう。